鎌倉にあるパンケーキのお店「カフェ坂ノ下」に行きたい
関内のラーメン屋「麺や勝治」の青唐辛痛麺食べたい

行きたいとこリスト
東京都美術館「バベル展」7/2まで
Bunkamura「ベルギー奇想の系譜」7/15~9/24まで
内輪ブログの代名詞
座右の銘は禍福は糾える縄の如し
宇宙戦艦ヤマトとトンネルとC&Aとカクテルと女の子、そして地元横須賀をこよなく愛するラッキーがお送りするブログ
Since2006.1/8 2014.5/23心機一転

深海7m

当ブログは、海には全く関係ありません

お品書き

人生の足跡
特に分類のない項目がこれ
日々のちょっとしたことなどを書き留めてます

今日の一言
「人生の足跡」ほど記事に内容がないもの
若干Twitter気味

ヨッキれん氏関連
心の底から尊敬するオブローダー・ヨッキれん氏にまつわる記事
本数少ない

旅行、廃なモノ探索
廃なモノ探索がメイン
廃墟・心霊スポット・トンネル・戦争遺跡・産業遺産・史跡の探索がおおまかに括られてます
たまに純粋な旅行や観光が入ってるかも
山さ行がねがと廃墟検索地図は旅のお供





[Read More >>]
スポンサーサイト

ショートコント

ぷっスマ観てたら、ダンソンでお馴染みのバンビーノが出てた
以前やってたリズム芸より、今回やってたショートコントの方が断然面白い

そろそろ溜まってる記事書かないとですね・・・

サクソフォン

Face bookの広告でプラスチック製のサックスというのがあった
興味はあるから気にはなるが、手頃かと思いきや12000円+税
安いのは間違いないんだろうけどなぁ
初めて手に取る人とかにはいいきっかけになると思う

保留

最終回

つぐもも見終わった
最後までいろいろひどかったw

あれ続編ありそうな終わり方だなぁ

しまった!!!Part2

今日横須賀美術館行かなきゃスケジュール的に観れなかったのね・・・
しくじった

しまった!!!

せっかく石川行ったのに、限定のルマンドアイス食いっぱぐれた!!!
畜生!!!!!

帝国陸軍第十三号坑道(6/8分)

逢魔時に御機嫌よう、ラッキー@管理人です


この日は特に理由もありませんでしたが、行きたくなったのでTWIN SOULさんへ行って参りました!
行きつけのバーってそんなもんです

いつもの席に座り注文
この日はハーヴェイ、ベッロ・ポモドーロ、パパゲーナ、アンデス・モヒートです

初めて頼んだのは、二杯目のベッロ・ポモドーロ
ベッロ・ポモドーロ
グレープフルーツジュースとクランベリーリキュール、スロージンとトマトジュースを2:2:1:1で合わせたショートカクテルです
「こういうのどこで見つけてくるの!?」と聞かれましたw
クランベリーリキュールがなかったため、味は一緒なのでクランベリージュースで代用していただきました

お味はというと、フルーツジュースで薄めたトマトジュースという感じ
「まずくはないんだけど・・・わざわざ頼むほどでもないかなw」とはマスターの弁
正直僕も同感ですw

それともう一つ、三杯目のパパゲーナです
パパゲーナ
モーツァルトチョコレートリキュールとブランデーと生クリームを2:1:1で合わせたカクテルで、名前の由来はモーツァルトが作曲したオペラの登場人物から取られたそう
なので、このカクテルにはモーツァルトチョコレートリキュール以外のチョコレートリキュールは使われないんだそうです

ブランデーが効いていて、甘くまろやかながらもお酒っぽさを強く感じるカクテルです
マスターもおっしゃっていましたが、アレクサンダーの亜種っぽい感じです


この辺りで外国人の団体が入店
静かで落ち着いた店内だったのが、一気に賑やかになりましたw
マスターはちょっと苦笑いしてましたw

その外国人のお客さんがウイスキーコークを注文したおこぼれで、あまりのコーラをいただけることに!
缶やペットボトルと違い、瓶コーラって何で美味いんでしょうね?

四杯目はアンデス・モヒート
アンデス・モヒート
さっぱりと飲みやすく、これからの時季にぴったりな美味しいカクテルです


飲んでゆっくりしていると、マスターの方からこんな話知ってる?と言われました

話を聞いて、家帰って調べてみたんですがこの話みたいですね

地下の井戸

行ってみてよと言われましたが、行ったときは僕の最期だと思いますww
それっぽい場所ってのはなかなか引っかかりませんネェ

興味深い話を聞いたところでこの日は退店
また近いうち来ます!


それでは今回はこの辺にて
また次回、アディオス!!!

横須賀の話(6/2分)

石川県旅行の記事も終わり、今度はいつも通りの記事を消化していきます
白昼堂々御機嫌よう、ラッキー@管理人です

次の日が休みなので、この日はTWIN SOULさんへ行って参りました
ちょっとお店が混みあっていて、いつも座る席でなかったので落ち着かなかったですw
この日はスタッフのNさんもいらっしゃいました

この時は、ハーヴェイ、ココナッツ・ムーン、ベイリーズ・ウーロンの三杯をいただきました

初めて頂いたのはこちら
ココナッツ・ムーン
ココナッツ・ムーン
アドヴォカート、ゴールドテキーラ、ココナッツリキュールを1:1:1にレモンジュースをバースプーン一杯加えたカクテルです

アドヴォカートにココナッツリキュールなら甘いだろうし、テキーラの風味も和らぐだろうと高を括って作っていただきました

酸味が強い

僕が持っていったレシピ通りに作っていただいたので、味はこれで間違いないでしょうね・・・
想像していたのと違ってびっくりしたというのが第一印象ですww

甘さと酸味というよりは、酸味の中に甘さがあるって感じですねw



この日はいつも通りNさんと話してました
Nさんは僕が廃墟や心霊スポットが好きなのを知っているので、仕入れた情報をいろいろ僕に教えてくれるんですw

先日の石川旅行で行った無患子隧道の話のあと、Nさんから僕の住んでる町内にある廃集落の話を切り出されました
僕が行ったことあるというとさすがだなと苦笑いしてましたw
そこから市内の戦争遺跡の話に飛んで、東京湾に浮かぶ人口要塞島の第一、第二、第三海堡の話に
第三海堡は関東大震災で崩壊してから引き揚げられて、今は追浜のアイクルの前に展示されてますよと話したところでお隣の席の方から
「第三海堡ですか!?」
と、お声掛けがありましたw

僕がどういう趣味をしているか、Nさんがその方に一通り話したところで、その方と廃墟や戦争遺跡やトンネルや横須賀の話で大盛り上がり!
お隣の方は横須賀市内の戦争遺跡やトンネルに興味がおありのようで、千代ヶ崎砲台跡の話や横須賀の戦争遺跡はもっとクローズアップして観光資源にすべきだとかなり熱いお話をしていただきました
軍都横須賀に誇りを持っている僕も大いに賛同し、二人でバリバリ議論を交わしましたw
下士官集会所の話が出たときは「ここまでご存知なのか!!!」とテンション上がりましたね
目の前で聞いていたNさんやマスターは少し気圧されているようでしたw

あいにくその方は、次の日のお仕事が早いのと終バスの時間が近づいているので一杯で退店されました
お名前くらい聞いておけばよかったかなぁ

いやぁ非常に有意義な時間を過ごせたと大満足でいると、マスターから一言
「彼女市議会議員だよ」
どこまでも驚かされっぱなしな一晩でしたw

またお会いできたら熱く語りたいですネェ


それでは今回はこの辺にて
また次回、アディオス!!!


追伸:
千代ヶ崎砲台跡調べてみたけどすげぇなこれ
ちょっとこれは探索の価値が大いにありますネェ

Peeping Life

点いてたらたまに見る
エンディングの「新約さとりのしょ」を聴いていると、眠りに誘われている感半端じゃない
言葉じゃ難しいけど、あれ聴いてると一日が終わって気持ちよく眠りにつけそうな感覚に陥るのよね



追伸:未掲載の記事は明日以降に書きます

石川県弾丸の旅-寿司!寿司!寿司!と旅の終わり編-(5/29,30分)

記事を書いている途中で、あえてこれを独立記事にしようと思い書き直しました
なので石川県旅行は合計8本ですね
夜分遅くに御機嫌よう、ラッキー@管理人です


電車を乗り継ぎでようやく金沢駅まで戻ってきた我らが管理人

ただ、今からだと駅西にある金沢まいもん寿司の本店に行けるかが怪しい
これで逃すと、近江町食堂と金沢まいもん寿司のダブルのどぐろチャンス(Kくん命名)をみすみす逃してしまう・・・!
だけど駅前の金沢まいもん寿司は回らない・・・!
どうする!!?

本来ならば、「北陸の回転寿司はレベルが違う!」という意図で来たかった金沢まいもん寿司ですが、ここは背に腹は代えられません

回らなくてものどぐろを食おう


廃線と寿司49 廃線と寿司2
じゃっじゃっじゃっじゃ~ん!!!!!

まぐろは当たり前のようにトロ!
甘えびは卵つき!
そして左下にある二貫がのどぐろです!!
贅沢に塩(レモン付いてる方)と醤油とで食べ比べができるんですよ!!!

のどぐろ二貫食える誘惑には勝てず、3000円くらいのこのセットにしましたがこれは大正解
そして、のどぐろは塩で食ったほうがはるかに美味しい
想像を絶するほど美味しい
とろけるほど美味しい

この画像以外にあら汁も付いてきました

握りセットを堪能していると、左に座っていたリーマンや右に座っていたお姉さんが単品注文していたので、僕も誘惑に負けまくって単品注文
廃線と寿司3
ほうぼう(左)と北陸名産の白えび(右)です!!!!!
白えびはぷりっぷりで、噛まずに舌の上でとろけるという、どこか矛盾するような喩えになってしまいましたが、いやもう美ん味い!!

そして僕が気に入ったのはほうぼう!
画像で見るとそうでもないかもしれませんが、かなり肉厚に切ってあって、身がぶりっぶりで食感も味も最高です!!!
次来たらほうぼうを心ゆくまで食べたい

今の時間が時間だけに、飯の自爆テロです
自爆飯テロです
というか自爆です


あああ・・・金沢の魚介類は何でこんなに美味いのか・・・
この一時の贅沢と幸福感のために来るだけの価値はあります
あああ・・・がす海老食わなかったのはちょっと後悔している・・・
本当に病み付きになりますよ

必ず3年以内にまた石川県に来ます
ここまで美味いとかもう反則ですよ

近江町食堂の宝箱丼といい、金沢まいもん寿司の握りといい、金沢最高だよ・・・

廃線と寿司50
心の底から大満足
本当にごちそうさまでした!


ホームに入ったのが早かったので、それまでゾディアックを読んで時間つぶし
廃線と寿司51
それでは横須賀へ帰ります!
廃線と寿司4
これは車内販売の白ビールですね
GRANのAが雪吊りにデザインされていたり、缶の色が北陸新幹線になっていたりと結構ハイセンスです
お味はもちろん言うまでもありません


総括
石川県最高でした
これ以上言っても長くなるだけなので、この一言で〆ます


それでは今回はこの辺にて
また次回、アディオス!!!

石川県弾丸の旅-廃線と楯状迫石編-(5/29,30分)

石川県弾丸の旅も残すところこれあと一本!二本になりました
夜分遅くに御機嫌よう、ラッキー@管理人です


大満足大満足アンド大満足の白山比咩神社を後にした僕が次に目指したもの
それは北陸鉄道石川線の廃線跡です!

どうせ帰り道にあるというなら、一粒で二度美味しいほうが良いに決まっているじゃないですか!!

と、ちょっと歩くと
廃線と寿司5 廃線と寿司6
なんともう到着しました、加賀一の宮駅の廃駅!
廃線と寿司7 廃線と寿司8
廃線と寿司9
保存状態はかなりよく・・・というか文化財っぽく手入れされているんですかね?
廃線と寿司10
駅の脇からちょっと覗くとホームがしっかり残っていました

たった8年でここまで廃な風景になるんですネェ・・・

廃線と寿司11 廃線と寿司1
そのすぐ近くにあった看板です
血涙です

駅側から見たときに、対岸に遊歩道らしきものを見つけたので、裏手からホームを拝んでやろうと回り込むことにしました
廃線と寿司12
バリバリ廃線ですね
テンション上がります

ここを右の道に行くと奥へ進めます


・・・とここで、公園っぽくなっている一帯でこんなものを見つけました
廃線と寿司13 廃線と寿司14
水戸明神です

このときは何気なくシャッターを切ったんですが、なんと偶然にも見たかった場所であることを発見してしまいます!!!
ディスカバってしまいます!!!

この水戸明神が祀られている場所は、僕が白山比咩神社で血眼になって探し回った古宮跡だったのです!!!

旅行後家に帰って、そういえば白山比咩神社の古宮跡見つけられなかったなぁ~と思い、白山比咩神社のHPにアクセスして場所を確認したんです
そしたら見事にこの場所!!!
すごい偶然!!!

最初から公式HP見て探せよって話なんですが、自分の力で見つけたいってあるじゃないですか!

帰宅後にまさか驚くことになるとは思いませんでしたw
シャッター切っといて良かった・・・



廃線と寿司15 廃線と寿司16
ここはその公園っぽい一帯の一番奥です
おそらく手取川の水門を管理するに当たっての職員用のゲートでしょうが、なかなか味わい深いです
右画像の右下あたりに緑色の銘板が見えるので、おそらく土木遺産に認定されていると思います
ゲートじゃなくて水門がね

そのゲートの真正面に廃線が走っています
廃線と寿司17 廃線と寿司18
もちろん何も来ないことは分かっていますが、おそらく私有地なので誰も見ている人がいないか、右左ともう一度右を確認して廃線跡へ侵入
廃線と寿司19
目の前に横たわるレール
これが2009年まで使われていたんですよネェ・・・
廃線と寿司20 廃線と寿司21
鶴来駅方面(左)と白山比咩神社方面(右)です
もう鉄道は走れないんじゃないかと思うくらい自然に帰りつつあります
廃線と寿司22
先ほどの線路に降りた場所からもう一枚
これは推測なのですが、向こう側にも線路に下りられる場所があるので、シークレット踏切みたいな感じだったんじゃないかなと思います
なんだよシークレット踏切って

ちなみにこの公園っぽい一帯の中には
廃線と寿司23 廃線と寿司24
廃線と寿司25
中世のゴミ捨て場(?)の遺跡があったり、治水の功績を称える記念碑があったりしました
ってか今見たらこの説明板に白山比咩神社の古宮跡があったって書いてあるじゃんか!!!

廃線歩きに戻ります
廃線と寿司26 廃線と寿司27
画像右が加賀一の宮駅の廃駅ですね
その画像の左にある柵から覗き込んで撮ったのが、先ほどのホームの写真です
廃線と寿司28
今では珍しい木製電柱も立っていました
廃線と寿司29 廃線と寿司30
僕は調べてからここを見に来ましたが、意外なところに廃線ってあるものだなと感じました


さて、廃線を見終えたので鶴来駅まで歩いて戻ります
廃線と寿司31
このオーバーハングな擁壁は、行きのタクシーから見ていたので目印ですw

この辺りでごうごうと水の流れる音がしたので、川を振り返って覗いてみると・・・
廃線と寿司32 廃線と寿司33
なんと給水口のトンネル部分が
廃線と寿司35廃線と寿司34
どの土木遺産認定されているトンネルにも引けをとらない、煉瓦積みの立派なポータル

イギリス積みなのは煉瓦積みではよくある話ですが、特筆すべきはそのリングアーチ

重厚な石組みの楯状迫石のリングアーチなんです!!!

名称は、扁額で確認する限り「七個用水給水口」で、明治34年の10月竣工と書いてあります
これってもう116年って、一世紀以上経ってるじゃないですか!!!
うおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!

一番奥の小さいトンネルも煉瓦三重巻きのリングアーチですし、これはいいもんディスカバっちゃった感じですネェ!!!!!
生まれてこの方楯状迫石のトンネルを見たことがなかったので、陸上トンネルではないにせよこれは興奮します!!!

目の前で拝めたわけではないですが、これは素晴らしい・・・!!
石川県って最高ですね!!!!!


ネットで調べたら、通水当時の画像がありました
通水式
「七個用水」と書いて「しちかようすい」と読むそうです
僕の生まれる85年と1日前、今から114年と16日前に水が通ったんですね!

素ん晴らすぃ!!!

白山比咩神社が「静」の感動ならば、七個用水給水口のディスカバリーは「動」の感動ですね!


廃線と寿司36 廃線と寿司37
廃線と寿司38 廃線と寿司39
近くには不動明王堂もありました

これはその隣にあった廃屋です
廃線と寿司40
こういう物件には古い看板が付き物ですw

廃線と寿司41
川沿いの道を歩いていて思ったんですが、これも廃線跡の名残なんでしょうか?


さて、帰りの電車の時間が近づきつつあるので後ろ髪引かれる思いですが、廃線探索は諦めて駅へと急ぎます

途中こんな建物を見つけました
廃線と寿司42 廃線と寿司43
廃線と寿司44
菊姫酒造さんです!
ここの酒造では、菊理媛(くくりひめ)という日本酒を造られています
はつかりや親友のMに買って行ってやろうとも思いましたが、720mlで25812円(8%)ととんでもないお値段だったので、速攻で諦めましたw
でも、ちょっと飲んでみたいなぁ

廃線と寿司45
この鶴来の町には、画像のカフェもそうですが菊理媛神への信仰が根付いてるんですかネェ
時間の都合で立ち寄れなかったのが惜しい


うおお鶴来の駅はどこだ!?と駅発見の発車4分前
まだ間に合いますか!?と改札に飛び込み、無事乗車ですw
廃線と寿司46 廃線と寿司47
廃線と寿司48
本当お世辞抜きに、この鶴来の町は素晴らしい町だった
今度は一日がかりでここを歩きたいですネェ


それでは今回はこの辺にて
また次回、アディオス!!!

石川県弾丸の旅-白山比咩神社とつぐもも編-(5/29,30分)

夜分遅くに御機嫌よう、ラッキー@管理人です

以前は原作漫画も持っていた「つぐもも」というアニメを最近楽しみにしている僕です
その登場人物に菊理媛神(くくりひめのかみ)という神様が出てくるのですが、石川県にはなんとその菊理媛神を主祭神として祀っている白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)という場所があるとのこと!
作品の舞台がここというわけではありませんが、同じ神様をお祀りしているのなら気になるのがオタクの性

場所柄、今回は行かなくてもいいかなぁ・・・とも思っていたのですが、アニメがやっている今のタイミングだからこそというのもあったので、せっかくと思い行ってみることにしました!

ちょっとずれるかもしれませんが、聖地巡礼ってヤツに当たるんですカネ?

余談ですが、つぐももの菊理媛神はこんなんです
菊理媛神1 菊理媛神2
悪意ある画像チョイスです


タクシーの運ちゃんにお礼をいい、いざ白山比咩神社へ

白山比咩神社7 白山比咩神社8
白山比咩神社は今年でちょうど開山1300年を迎えるそうです

白山比咩神社9
鳥居をくぐってこの場所を見た瞬間、これはすごいところへ来てしまった!すっげぇ!!!と感激しました
言葉では言い表せませんが、直感でってヤツです

白山比咩神社10 白山比咩神社11
案内板が二枚ありました

白山比咩神社12
それでは表参道を歩きましょう!
白山比咩神社13
新緑の時季で緑が本当に美しく、心が洗われるようでした
白山比咩神社14 白山比咩神社15
石碑があったり小さな川があったり、自然豊かなところです

白山比咩神社16 白山比咩神社1
行った時間は14時頃
日が高いうちでしたが、緑のトンネルでできた日陰が暑さを感じさせません
このあとに境内も出てきますが、個人的には表参道のこの道がベストショットです
綺麗だなぁ


白山比咩神社17 白山比咩神社18
小さな滝と、そこから振り返って撮った写真です
つぐももつながりの軽い気持ちで立ち寄った場所でしたが、これだけでも来た甲斐があるってもんです

白山比咩神社19 白山比咩神社20
白山比咩神社24 白山比咩神社25
これは白山比咩神社の老杉です
注連縄が巻かれ、パワーにあやかろうと木に手を当てている人もいました
僕も真似して当ててみました
気のせいだとは思いますが、ちょっと不思議な感じがしました

白山比咩神社21
白山比咩神社22 白山比咩神社23
手水舎には明治天皇の書が掲げられていました

さて、いよいよ境内へ向かいます
白山比咩神社26

白山比咩神社27
白山比咩神社28 白山比咩神社29
神門の前には荒御前神社と大ケヤキがありました

白山比咩神社30 白山比咩神社31
さて、いよいよ幣拝殿です

白山比咩神社32
この白山比咩神社は、全国に点在する白山神社や白山社の総本山で、祭神は伊奘諾尊(いざなぎのみこと)、伊弉冉尊(いざなみのみこと)、そして白山比咩大神(しらやまひめのおおかみ)こと菊理媛神です
白山比咩大神と菊理媛神がなぜ同一神として見られたのかは定かではないそうです

日本書紀にも出てくる由緒正しい神様で、伊奘諾尊と伊弉冉尊の仲を取り持ったことから縁結びの神様としても有名だそうです
僕は知りませんでした

ここで新兵器のパノラマ撮影です
白山比咩神社33 白山比咩神社34
境内はそこそこ広く、平日の昼下がりで人もあまりいなかったためゆっくりと見ることができました
兼六園の雪吊りっぽいのは、おみくじを結ぶための台です

余談ですが、僕はこの正面に見える幣拝殿を本殿と勘違いしていました


せっかく縁結びの神様なので、まったくといっていいほど縁のない僕もあやかれたらと思い参拝
余談ですが、ここでは記念にと御朱印帳も頂いて参りました

白山比咩神社35 白山比咩神社36
御神木や
白山比咩神社37 白山比咩神社38
鎮守の森
白山比咩神社39 白山比咩神社40
芭蕉の句碑や
白山比咩神社41
車の祓い所もありました
白山比咩神社42
これは別の手水舎です

白山比咩神社43 白山比咩神社44 
三箇所ある入り口のうち、ここの門は修復中だったようですw


さて、ここまででまだ画像の半分も使っていません
厳選して100枚近くあったので、実際に撮影した枚数は150枚近くあるんじゃないですかね

あまりに長くなりそうなので、久々の折りたたみ記事ですw

それでは続きは後半で!
[Read More >>]

石川県弾丸の旅-夢で魘された無患子隧道編-(5/29,30分)

夕方に御機嫌よう
仕事中に「私(ラッキー)がピアスし始めたら、よりオカマっぽくなるだけですよw」と言ったら、年下の先輩に「わかるwwwww」と大爆笑されたラッキー@管理人です
どういうことなんですカネ?


さてさて、石川県弾丸の旅もいよいよ後半戦です!

朝は目覚ましをかけたのにもかかわらず、それより早く目が覚めてしまったので朝食を早めに取りました
ホテルの朝食は、というかビュッフェ形式はいつも和洋折衷なものになりますネェw

無患子隧道3
部屋からの眺めはこんな感じ
いのっちと有働さんのやり取りを見てからいざホテルを出発です!

無患子隧道4
余談ですが、駅前のやかんは養生されてましたww

さて、北陸鉄道で小松まで向かいます!
無患子隧道5
無患子隧道6 無患子隧道1
余談ですが、土産にはつかりへこの電車の画像送ったら一発で当ててました
さすが

無患子隧道7
到着です!

無患子隧道8
駅前のセブンイレブンでバス代を崩すために加賀棒茶のペットボトルを購入
これが香ばしくてとっても美味かった!!
コンビニで売ってるクオリティーとは思えんかった・・・

無患子隧道9
バス車内はこんな感じ
ハニベ巌窟院という場所まで行く専用線みたいなもので、なんと軽海停留所からハニベ停留所までの区間は、申請すれば停留所以外で降りることも可というフリーダムな路線ですw
現にじいちゃんがそうやって降りてましたw


さて、ハニベに到着です
無患子隧道11 無患子隧道12
親子二代に渡り、洞窟内に彫刻作品を作り続けてきた場所が観光地化したものです
気味悪いんで一人で行くことはありませんでしたが、写真撮ったときに顔認識機能が動作したのには笑いましたwww
それも目つぶりまで検知するというwww

ここに至るまでも結構な田舎道でしたが
無患子隧道10
この周りも何にもないです

・・・とハニベを降りて写真を撮ったところでタクシー到着
そう、小松駅前ですでにタクシーを手配していたんです
今回攻略予定の無患子隧道はハニベからざっと2~3kmはあり、道の感じが千葉の富津を横断したときと雰囲気が似ている(歩道はあるけど人通りがまったくない、心細すぎる道)ので、強硬手段に打って出たのです


そういえば以前から話題にしている無患子隧道の「無患子」ってなんて読むかご存知ですか?
正解は「むくろじ」
種の部分が羽子板の羽根の黒い硬い部分に使われたりするので有名ですね


んでもって何故これから攻略予定のトンネルにこんな物騒なタイトルをつけたか
それは行く前に4~5回ほど、ここで不気味な目に遭う夢を見ていたからなんです
心霊スポットや廃墟を好んで歩いている僕は、いつ呪われたり罰が当たっても不思議ではないですが、夢に見たのはほとんどありません
かつて夢に出たから行ってみた、群馬県は横川の廃線敷き(アプトの道)終点の熊ノ平駅くらいで、そこも具体的に何が出たという夢ではありませんでした

ただ、今回の無患子隧道は違いました
檻のように塞がれた坑口の前に女が立っている夢なんです

今までそんな夢を見たことがなかったので、行く前から相当怖気づいてましたw
現にKくんや職場の上司には、今までこんなことなかったから不安だと漏らしたくらいです
実際に行けば何か起きるんじゃないかとも思ってました


閑話休題

それでは前置きが長くなりましたが、これから無患子隧道のレポを始めようと思います



無患子隧道13
ものの10分程度で現道の無患子トンネル前まで到着しました
画像には写ってはいませんが、右手にはなかなか広い駐車場があり、そこでタクシーの運ちゃんに待っててもらうようお願いしていざ探索スタート!
左手の道が旧道及び無患子隧道へアクセスする道です

無患子隧道14
無患子隧道15 無患子隧道16
1999年に現道の無患子トンネルが開通するまで使われていたトンネルで、廃止からまだ18年しか経ってません
ちなみにこの橋は平成8年竣工なので、1996年頃から約3年間現役だったわけですネェ

無患子隧道17
短い区間ではありますがこの廃道チック!畑トンネル攻略の時を思い出しますネェ!
ただ・・・

無患子隧道18
道としての寿命も、まだまだ先ですが確実に迫ってきているようです
見づらいですが、大きな土の塊か岩かが木の根に引っかかっていました

無患子隧道19
旧道からは現道の無患子トンネルが見えますネェ

無患子隧道20
ちょっと開けたところに出ました
このあたりは落ち葉や落石もなく、綺麗な印象です
ちなみに旧道入り口の橋からここまで徒歩2分です

無患子隧道22 無患子隧道21
道路標識たちもすでに朽ちて藪の中
車輪部さんの無患子隧道レポや、ORRの道路調査報告書のヘナリさんの無患子隧道レポの頃の写真ではまだしっかり立っていたので、そこから結構時間が経過しているんでしょうね

・・・と、左画像の奥の暗がりになにやら見えていますネェ
お目当ての無患子隧道です

無患子隧道23
どうやら女は立っていないみたいですネェ

無患子隧道24 無患子隧道2
行く前には散々夢で魘され怖気づき、ここに来ること自体考えたこともありましたが、実際目の前に立ってみると恐怖感はまったくありませんでした
これでは来る前にいろいろ言っていたのが、ただの痛い子でしかない

見つけたときの感覚としては、飯能の畑トンネルと同じですね
見た目の不気味さに反して、これっぽっちの怖さも湧きません
それにしても緑が綺麗だ

そして無患子隧道といえば!
無患子隧道25
有名なのがこの大きな扁額!!
昭和8年8月竣工と書いてありますね

昭和は元号に25を足すと西暦が出るので、1933年の竣工
小林多喜二が拷問死したり、ディズニーが三匹の子ぶたを公開した年って書くと相当古く感じますね
つか三匹の子ぶたってそんなに古かったんか・・・

この扁額は古いトンネルに見られる右書きですが、やっぱり近くで見ると立派です
正直、ここに来た理由の6割がこの扁額を見るためです
たまらん


ここで一度引きで見てみましょう
無患子隧道26
檻のような柵と大きな扁額、それに導水パイプと思われる大きなパイプが目を引きます
こうしてみるとかなり特徴あるトンネルです

無患子隧道27
トンネル自体は石組み(ブロック積み?)で頑丈そうな印象です
ところどころ劣化の影響か、オレンジ色っぽくなってますね

無患子隧道28
これは制御盤でしょうか?
車輪部さん訪問時はまだかなり綺麗な状態でしたが、僕が来たときには錆びてボロボロでした
水の流れる音がずっとしていたので、劣化のスピードも速いんでしょうネェ

そしてこの部分
無患子隧道29
立派な要石を持ってますが、檻をつけた際にネジを打ち込まれてます
ここだけが残念

無患子隧道30 無患子隧道31
檻の中を覗いてみると、向こう側にちっちゃく光が見えます(左)
また、大型ではありませんが導水パイプと思われるパイプが中にも通っています(右)

無患子隧道32
最後に全景と
無患子隧道33
もう一度扁額を見て、無患子隧道探索を終えましょう!

無患子隧道34
この画像は無患子隧道を背にして撮ったものですが、背後が廃トンだけにあんまり気分はよくないですねw

無患子隧道35
そしてこの画像は、前の写真から左に曲がったところ
なんか罠っぽい檻が二つありますね

無患子隧道36 無患子隧道37
その先からは現道の無患子隧道がすぐ近くに見えます

無患子隧道38
そこから少し視線を右にやると広場が見えます
奥は造成ですかね?

無患子隧道39
さて、戻りましょう

無患子隧道40 無患子隧道41
無患子隧道42
もう使われることのない標識や看板はここで静かに朽ちていきます
こいつらの最後の目撃者は僕になるんですかね?


・・・とそんなことを思っていると

ブロロロロロロロロロロ・・・

おや、車が近づいてくる・・・?
車に乗ったおっちゃんと目が合ったので、怪しまれぬよう心象を悪くせぬよう笑顔で会釈
これ大事

もと来た道を帰ろうとすると、車が止まった気配があったのでまた引き返してみます
これは話を聞けるチャンスかもしれないと思い、あえて車のおっちゃんに話しかけます

ラッキー(以下ラ)「すみません、地元の方ですか?・・・もしかして通報受けたとかじゃないですよね・・・?」
おっちゃん(以下お)「おぉ、ここに仕掛けた罠を見に来たんだよ」
ラ「罠ってあっちにある檻みたいなのですか?」
お「そうそう、あったかくなってくると熊が出たりするからネェ、その確認よ」
ラ「え・・・ここって熊が出るんです・・・?」
お「あぁ出るよ出るよ!兄ちゃん熊に出会わなくて運が良かったな!ははははは!」
ラ「え、えぇ・・・本当に運がよかったですよ・・・ハハハ・・・(洒落にならネェ!!)」
お「しかしまた珍しいところにいたもんだな」
ラ「(ここは正直に話そう・・・)全国の古いトンネルを見て回るのが好きで、ここにあると聞いたものですから」
お「ほぉ、よくこんなところのを見つけたね、どっから来たんだ?」
ラ「神奈川からです!結構こういう情報ってネットに出てたりするんですよ!」
お「神奈川からとはまた!」
ラ「えぇ、変わった趣味なのは自覚していますw」
お「ここまで何できたの?まさか歩き?」
ラ「小松からバスでハニベまで来て、そっからタクシー呼んで、下で待ってもらってます」
お「よくタクシーとか捕まったね、ここいらじゃまず走ってないでしょ?」
ラ「小松着いた時点で配車をお願いしたんですよ!・・・そういえばここにはよくいらっしゃるんですか?」
お「たまに檻に獲物がかかってないか見に来るよ!あとたまにそこのトンネル通って反対側にも抜けたりする」
ラ「え、抜けられるんですか?」
お「おう抜けられるよ!あの柵開けられるから」
ラ「・・・仮に開いていたとしても、僕は怖くて抜けたくないですね・・・w」
お「はっはっは!あとは鉱山跡とか、小松の方に小さなトンネルとかがあったな!」
ラ「本当ですか!?もっと調べてくればよかった・・・次の参考にさせてもらいます!」
お「あぁ!」
ラ「貴重なお話ありがとうございました!」
お「兄ちゃんも気をつけてな!」
ラ「はい!お父さんもお気をつけて!」
お「じゃあな!」
ラ「それでは!」

おっちゃんの車を見送り、僕も廃道を歩き出します

無患子隧道43
そうそう、行きですでに気付いていたんですが
無患子隧道44
この先の廃道が、無患子隧道への旧道で間違いないですね
さすがに草が多く歩く気にはなれませんでしたw
地図で見ると、こっから今歩いた廃道の三倍近く、さらに道が伸びているみたいです

存分に無患子隧道とその廃道を堪能したのでタクシーへ戻ります
戻る直前に、さっきのおっちゃんが目の前を通り過ぎて行きがてら手を振ってくれました
僕も目一杯手を振り返しました
ありがとうおっちゃん!


無患子隧道を攻略してホクホクの管理人
結局呪いも女も怖い目にも遭わなかったなと思いながらタクシーに乗り込みました
出るときに運ちゃんに伝え忘れていたので、メーターが回っていました
これが呪いだったか・・・!


ここまでタクシーで来たので、そのまま次の目的地である白山比咩神社へと向かいます!
無患子隧道45
無患子トンネルを通っていざ出発!!!

それでは今回はこの辺にて
また次回、アディオス!!!

石川県弾丸の旅-廃墟とラズベリー編-(5/29,30分)

夜分遅くに御機嫌よう
連日連夜のブログ書きで、若干体力を消耗しているラッキー@管理人です
でも仕方ないじゃない、これ書かないと新しい記事書けないんだもの


この旅の目的として、まず第一に挙がったのが次の記事で紹介する無患子隧道
そして第二の目的に挙がったのが、これからご紹介するTHE廃墟BARです

グリルオーツカさんで晩飯を終え、ようやくホテルでチェックイン
その際にホテルのラウンジでカクテル一杯無料のチケットをいただきました
旅行会社の特典で、誕生日前後一週間以内の旅行であればカクテル一杯サービスというものがあったんです

歩き回り食べ回りで汗もかいたので、一度シャワーを浴びてから夜の街(風俗ではない)に繰り出します

余談ですが、ホテルの部屋と部屋からの眺めはこんな感じ
THE廃墟BARとラズベリー16 THE廃墟BARとラズベリー17
9階の部屋で、一人で泊まるにはなかなかいい部屋ですw
窓から見てわかる通り、金沢駅は本当に目と鼻の先です

さて、シャワーも浴びてさっぱりしたところでいざBARへ!

金沢駅から徒歩7~8分
若干分かりづらいところにありましたTHE廃墟BAR
THE廃墟BARとラズベリー18 THE廃墟BARとラズベリー19
THE廃墟BARとラズベリー20 THE廃墟BARとラズベリー21
佇まいと店内はこんな感じ

こっから下の写真は携帯ですw
暗いところだと、目で見ている感覚により近いのは携帯のカメラみたいですね

THE廃墟BARとラズベリー1 THE廃墟BARとラズベリー2

THE廃墟BARとラズベリー3
キャンドルライトが結構おしゃれです

さてさて注文です
ハーヴェイ・ウォールバンガーを・・・スクリュードライバーにガリアーノ浮かべたヤツなんですけど・・・と伝えると、コンセプトバーなのでリキュールの種類がそんなになくて・・・とのことだったので、よく出るものは何がありますかといって注文したのがこちら
THE廃墟BARとラズベリー4
キウイのモヒートです
一緒に映ってるのはお通しの能登和牛のローストビーフです

モヒートってミントの葉が入ってるんじゃなかったかなぁ・・・と思いつつ飲んでました
ローストビーフは、最初かかっているのがチョコソースと思ってなめたら黒酢っぽい味で驚きましたねww
和牛は美味しかったです・・・噛み締めるようにいただきました

二杯目は自家製ジンジャーのシャンディーガフ
THE廃墟BARとラズベリー5
甘くなくてびっくりしたのをよく覚えていますw

そしてデザートにはこれ、ふわふわ廃墟のかき氷!
THE廃墟BARとラズベリー6
ふわっふわの氷に練乳とシナモンがかかってます!!
シンプルながらこれが結構美味い!!!
シナモンと氷って結構合うんだなぁと感じました


店内はこんな感じ
THE廃墟BARとラズベリー7 THE廃墟BARとラズベリー8
THE廃墟BARとラズベリー9 THE廃墟BARとラズベリー10
THE廃墟BARとラズベリー11
オーナーさんがデンマークへ行かれたときに、そこで見た廃墟を利用したバーに感銘を受けて始めたのがこのお店だとか

こういう静かな場所で飲むのもまたいいものです
ごちそうさまでした!


さて、ホテルへ戻りラウンジへGO!
場所は最上階の「ラズベリー」です
THE廃墟BARとラズベリー22
本当にここ入っていいのかなぁ・・・こんな格好だし・・・

ゴリパラTシャツにピンクのシャツを羽織り、ジーパンという非常にラフな格好だったので、場違い感半端じゃなかったですwww
めっちゃ緊張しましたw


おしゃれな大人たちを尻目に僕は一人カウンターへ
一杯目はこの時期限定のカクテル、ソル・クバーノ
THE廃墟BARとラズベリー12
ラムとグレープフルーツジュース、それにトニックウォーターを加えた爽やかなカクテルです
さっぱりしていて美味しい!・・・TWIN SOULさんで今度お願いしましょうかねw
これからの暑い時期にはぴったりです

二杯目はハーヴェイ・ウォールバンガー
THE廃墟BARとラズベリー13
先ほどの廃墟BARでは飲めなかったので、ここでも注文してみました
幸い置いてありました!
バーテンダーさんが「キャデラックですか?」とスマートに聞いてきたのがかっこよかったなぁ
ハーヴェイが飲みたかったので、そちらをお願いしました
「珍しいのを注文されますね!」と言われたのはどこかちょっと嬉しかったです

ここからガリアーノの話になり、お互いガリアーノのファーストインプレッションについて話が弾みました

バーテンダーさん(以下バ)「甘いいい香りがするから、美味しいんだろうなぁと思ってなめてみると結構パンチが効いていてびっくりさせられますよね!」
ラッキー(以下ラ)「そうですよね!ずっと気になっていて、初めて飲んだときはインパクトがすごくてしばらく飲めなかったですw」
バ「甘い香りにだまされますよねww」
ラ「まったく同じ印象ですww」

バーテンダーさんも僕と同じ経験されてたみたいですw

三杯目はオリジナルカクテルのラズベリー・ナイト
THE廃墟BARとラズベリー15
ロゼワインをベースにした甘めのカクテルです
バーテンダーさん曰く「強めの甘い感じです」

これが美味い

レシピは聞いてないのでおそらくですが、ラズベリーリキュールの甘酸っぱい味とワインの風味豊かな香りが絶妙に混ざり、うっとりしてしまいました
名前もお店に合わせて、というのもあるでしょうがお洒落ですよネェ・・・

また石川来たらこのホテルに泊まってここでラズベリー・ナイトいただきたいです
そう思わせるくらいこのカクテルは美味しかった

ちなみに店内はこんな感じ
THE廃墟BARとラズベリー23 THE廃墟BARとラズベリー14
左がデジカメ右が携帯ですが、携帯のほうが若干明るめですね

カクテルをいただいている途中で、後ろに置いてあったピアノの演奏が始まり、ロマンチックでお洒落で優雅な時間が流れていました
ナルシストな僕は「こんな空間にいる僕ってお洒落!」ととろけそうでした
超ラフな格好なのにね

素敵な時間もあっという間に過ぎ、そろそろ部屋に戻ります
最高の夜をありがとうございました!!


さて、いよいよ次回はこの旅の第一目的である無患子隧道の攻略です
翌日に向けて英気を養ったので、これでうまくいくこと間違いなしです!!


それでは今回はこの辺にて
また次回、アディオス!!!

石川県弾丸の旅-トマトジュースとハントンライス編-(5/29,30分)

夜分遅くにごきげんよう、ラッキー@管理人です


目的を一つこなし二つこなし、次の目的地は純喫茶ローレンスさんとグリルオーツカさんのハントンライスです!
早い話が休憩と晩飯ですw

ちょうど前記事の最後にあったユニークなオブジェは、この香林坊の交差点にあったんです
そしてそのオブジェを背に向こうを見ると・・・
ローレンスとグリルオーツカ5
見えてきました!
ローレンスとグリルオーツカ6
ローレンス!!
ローレンスとグリルオーツカ7
マラソン邪魔!!!
ローレンスとグリルオーツカ8
年季の入った佇まいに若干気圧されながらもそろそろと入店です


ローレンスとグリルオーツカ9 ローレンスとグリルオーツカ10
ローレンスとグリルオーツカ11
なんてレトロな雰囲気なんだ・・・

ローレンスとグリルオーツカ12 ローレンスとグリルオーツカ2
店内はこんな感じ
草花は枯れてはいますが死んではいませんよとはオーナーさん談
曰く「我々人間が死んでも何も残りませんが、たとえば我々がいなくなったあと、このお店に残った植物たちは種を落とし芽を出して生きながらえることができますでしょう」とのことでした

誤解を恐れずに言うなら、「おや、これはおもしろい人に会ったぞ!」というのが率直な感想ですw
ここの喫茶店はかれこれ半世紀以上営業しているそうです

さてさて、メニューを渡されるとオーナーさんが一言
「私はコーヒーが嫌いなんですよw」
衝撃です

「このメニューは作れないので、ここの所と、このトマトジュースのようなものであれば作れますよ」
トマトジュースの“ようなもの”?
聞いてみると、カゴメのまるごとトマトを使っているそうなんですが、それだけだとどろどろのピューレ状なので手を加えて飲みやすくしたとのこと
正直僕はトマトジュース好きじゃありませんが、気になってしょうがなかったのでトマトジュースのようなものを注文することに

ローレンスとグリルオーツカ13 ローレンスとグリルオーツカ1
左がデジカメ右が携帯です
たっぷり400ml入ってきましたwww

恐る恐る飲んでみると、これが美味い!!
トマトジュース独特のえぐみもなく、すっきりと甘く飲みやすい!!!
レシピは・・・とこちらから聞くまでもなく、オーナーさんが教えてくれましたw
まるごとトマト:サンキストグレープフルーツジュース:サンキストアップルジュースを2:1:1で合わせたものだそうです

「ここで飲むと一杯600円だけど、そこのスーパーで買えばその値段で一週間は飲めますからね!」
オーナーさん全開ですww


神奈川から来たことと、ここのお店がネットで評判になっていることを伝えると、店内を快く撮影させてくれました
ローレンスとグリルオーツカ14 ローレンスとグリルオーツカ15
「お客さんもあんまり来ませんからね、よかったら奥の部屋でも大丈夫ですよ」
と気を遣っていただきましたが、さすがに僕一人で奥の部屋にいる勇気はありませんw

ローレンスとグリルオーツカ16
そういえばこのお店、かの有名な作家である五木寛之さんが通っていたお店らしく、直木賞受賞の瞬間の写真も飾ってありました


オーナーさんと話が弾み、地元のことや社会のこと、歴史のことなどいろいろしゃべりました
途中、シュガーコーンアイスや余ったからとコーヒーをご馳走になったりしました
どちらかというと僕の方が聞き役でしたねw
ローレンスとグリルオーツカ3
ちなみにご馳走になったコーヒーはタンザニア大使館御用達で、一般には流通していないものらしいです
貴重なものをタダでいただいてしまった・・・!!


17時くらいに入って、結局19時の閉店までくつろがせていただきましたw
ここで過ごした2時間は忘れないでしょうネェ・・・

また石川来たときは顔出します!
ごちそうさまでした!!


さてさて、若干空も暗くなってきました
このあとはお待ちかね、グリルオーツカさんのハントンライスです!

ローレンスとグリルオーツカ17
ちょっとだけ道に迷いましたw

ローレンスとグリルオーツカ18
到着です!

ただ、この時点でなかなかお腹が張ってきている状態だったので、ハントンライスの小を注文
ローレンスとグリルオーツカ19 ローレンスとグリルオーツカ4
ローレンスとグリルオーツカ20
それでもこれだけの大きさがあります!
ボリュームすごいです!!


奥の席のカップルのうち男性の方が、このハントンライスの大盛りを注文していました
マジで目玉飛び出るほど驚くぐらいの量で、それを見た僕はしばらく固まってしまいましたw


ハンガリーの「ハン」とフランス語でマグロを意味する「トン」でハントンライスだそうですね
このオムライスもケチャップもタルタルソースも絶品でしたが、揚げ物の油くささが最高に食欲をそそりましたね!
もっとお腹が空いているときにまた再チャレンジしたいです

そうそう、ここの是非とも寄りたかった理由は、何年も前にゴリパラで来ていたからなんです
そのことを店主の奥様に話したところ、なんと
「あぁ!この人でしょ!?」
と、でぶや時代(2003年)の写真のゴリさんを指差しました

ゴリさんまだ20代だった頃か・・・若いなぁ・・・そして当時から自己紹介ギャグは変わってないなぁ・・・
なんて思いを馳せてましたw

それよりも、そのフレーズだけでゴリさんを思い出す奥様がすごいです
ゴリさんよっぽどインパクトあったんでしょうネェ・・・w

余談ですが、ゴリパラでの写真やサインはありませんでしたw
ただ、在りし日のゴリさんを見てなんか満足してしまいましたww


どちらのお店もしっかり堪能できました
このあとはいよいよ夜のお楽しみ、BAR巡りです!!!

それでは今回はこの辺にて
また次回、アディオス!!!
ジャンル
プロフィール

ラッキー

Author:ラッキー

名前:ラッキー@管理人
年齢:29
出身:神奈川県横須賀市
趣味:廃墟スポット歩き
    バー
特技:カラオケ
   オカマ拳法


バナー出てきました
記念に載せときます
バナー

今日のトップ記事
読者投稿コーナー
過去記事
ブログ更新率

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
Powered By FC2ブログ
QRコード

QRコード